ウーマン

群発頭痛の症状を知る|迅速な治療が肝心です

症例数の少ない病気

カウンセリング

頭痛には緊張型の頭痛や偏頭痛などがありますが、比較的症例数が多いので普通の病院に行ってもすぐに症状が改善されます。しかし、群発頭痛は診断が難しい病気で、内科を受診しても誤った診断結果が出る場合があり、正しい治療が受けられない可能性があります。群発頭痛はあまりの痛さに壁に頭を打ち付けたり、落ち着きなく部屋中を徘徊する人がいるほど辛い病気です。群発頭痛はその名の通り群発地震のように連続的に症状が現れるので、患者は常に症状が現れたときの恐怖を感じたまま生活しなければいけないので、身体も心も蝕んでいきます。群発頭痛は一度症状を発症すると、群発期には毎日のように痛みが現れ、それが一ヶ月程続きます。さらに、一旦症状が落ち着いたと思っても半年以上経過するとまた発作が現れます。そのため、群発頭痛になると自分から命を絶ちたくなる感情に襲われ、実際に海外では痛みに耐えられずに自ら命を絶ってしまった人も少なからずいます。群発頭痛は症例数が少なく、世間での認知度も低いために周囲の人の理解を得ることができません。激しい痛みが起こると仕事が手につかないので、休みの連絡を入れても同僚や上司からは軟弱者として白い目で見られてしまうのです。さらに、群発頭痛は医師による誤診断も多く、病院を受診しても症状の改善まではなかなか漕ぎ着けない場合もあります。また、市販の頭痛薬を飲んで痛みを緩和させようとしても、一度痛みが起こると薬の効力はほとんど発揮されず、深夜から明け方にかけて痛みが治まるまで耐えるしかないのです。

群発頭痛には、症状を発症するまでの予兆があります。実は、群発頭痛は遺伝的要因でも発症すると言われていて、家族の中に同じような症状を持っている人が約5パーセント程います。主な予兆としては、寝付きが悪い、夜中に目が覚める、おでこが徐々に赤みを帯びてくるなどです。このような症状は睡眠障害として見逃されてしまいがちですが、群発頭痛の予兆の可能性もあるので睡眠薬を服用しても改善されない場合、まずは頭痛外来に行って検査を受けてみましょう。頭痛外来では脳波検査をしながら体の状態を調べていくので正確な診断が受けられます。また、日頃のストレスや疲労が溜まることで自律神経が乱れ、結果的に群発頭痛を引き起こす場合も少なからずあるので、生活習慣の見直しも重要です。特にアルコールやタバコは血管のトラブルの原因にもなるので、量を減らしたり、禁酒や禁煙をするだけでも群発頭痛の誘発を防ぐことができます。また、自律神経が乱れないように睡眠時間を一定にして夜更かしを止め、適度な運動をするとリフレッシュ効果が得られるので、頭痛が起こる可能性も少なくなります。生活習慣の改善をしても群発頭痛の症状が現れた場合は、病院で薬物療法や酸素吸入をしながら治療を行います。酸素吸入は早い段階で行なうと、頭部の血管が収縮するので痛みを和らげることができます。一分で七リットルの純度100%の酸素を吸入しますが、10分から15分を目安に行なうと高い効果を発揮するでしょう。確実に群発頭痛の治療をしたいのなら病院で医療用の酸素ボンベをレンタルするべきですが、実は酸素缶は薬局でも購入できます。