ウーマン

群発頭痛の症状を知る|迅速な治療が肝心です

専門外来の役割

レディー

群発頭痛の治療に最適な病院は脳神経外科や神経内科などですが、最近は頭痛持ちの人が多くなったことで頭痛外来という専門の診療科が増えてきています。頭痛外来は、頭痛が発症している原因を専門で診察し、医学的な観点から的確に診断、処置を施していきます。頭痛外来で治療を行なっている医師はもともと神経内科やペインクリニックなどで実務を経験しているので、群発頭痛の改善に向けて親身になってサポートしてくれるでしょう。特に群発頭痛は医師でも判断が難しい病気で、一般の診療科では誤診断を受ける可能性もあります。頭痛外来で群発頭痛の治療をするとき、手始めに問診を行います。頭痛が起こる時間や群発期、痛みの継続時間に頭痛が発生する頻度はもちろん、痛みが起こる場所や頭痛以外の体の異変についても質問されるので、診察前に自分の体の変化をメモにまとめておくと良いでしょう。問診で頭痛について診断を受けた後はCT検査やレントゲンなどを行なって脳の状態を確認していきます。綿密な検査を行なうことによって命に関わる重大な病気が隠れていないか判断できます。場合によっては脳波検査を行なって、CT検査では確認できなかった異常を調べていきますが、脳波検査では頭皮に電極をつけるので不安を感じる人も大勢いるでしょう。しかし、脳波検査では微弱な電位を記録して脳の電気活動を把握していくだけなので、検査後に脳に異常が現れたり、検査中に痛みを感じる心配はありません。このような検査を行なえば、群発頭痛の診断を誤る確率が少なくなるので、早い段階で治療を開始することができます。

群発頭痛の検査をするとき、体への影響の他に心配なことが検査費用です。MRI検査の費用は病院ごとに変わってきますが、1割負担で検査をした場合は二千円、三割負担になると六千円程の費用が発生しますが、高くても八千円程度の費用で検査が受けられます。また、CT検査もMRIと同様に二千円から六千円程度の費用がかかります。あまり聞き馴染みのない脳波の検査には約二千円発生しますが、詳しい金額が知りたい場合は各病院に問い合わせて具体的な費用を聞いてみましょう。ランキングサイトや個人のブログなどを使って検索すると群発頭痛の治療を行なっている病院が多数見つかるので、費用の相場を把握するためにも複数の病院に問い合わせて検査費や初診料、治療薬の料金についてしっかりと確認しておきましょう。群発頭痛の治療では薬を注入するための注射器や医療用の酸素ボンベやマスクを使うことがあり、普通の処方箋は費用が異なる可能性があるのです。特に初めて頭痛外来を受診する場合はわからないことの方が多いので、後々のトラブルを避けるためにも費用の確認は重要なポイントです。