ウーマン

群発頭痛の症状を知る|迅速な治療が肝心です

病院を受診しよう

悩む女の人

頭痛に悩まされている人の中には、あまりの激しい痛みに夜も眠れないという状態になっている人がいます。普通の頭痛なら市販の頭痛薬を飲んだだけで改善されますが、群発頭痛は市販薬を飲んでも根本的な解決にはなりません。実は、群発頭痛は特に痛みが強い頭痛と言われていて、診断にも時間がかかってしまいます。群発頭痛を発症している人の中には、眼の奥をえぐられるような痛みに耐えられず、壁に頭を打ち付けたり、じっとしているのも辛くて部屋中を歩き回るなどの行動を取る場合もあります。基本的に偏頭痛などは女性に多い症状だと言われていますが、群発頭痛は働き盛りの20代から40代の男性が多く発症していて実に女性患者の3倍から7倍もの患者数となっています。千人に1人の割合で発症する群発頭痛は、激しい痛みの他に目が充血したり、涙や鼻水が出る、まぶたが腫れるなどの症状を併発します。さらに歯の痛みを感じる人もいるので、歯痛で歯科を受診しても特に異常がなかった場合は群発頭痛を疑いましょう。この頭痛の原因は、頭の血管の拡張だと言われています。患者数が多い偏頭痛も頭部の血管が拡張することで発症しますが、群発頭痛は偏頭痛と違って側頭部ではなく目の奥にある血管が拡張し、炎症を起こすために強い目の痛みを感じるのです。さらに、群発頭痛が起こる原因は血管の拡張以外にも生活習慣の悪化も関係しています。飲酒や喫煙の習慣がある人は高い確率で群発頭痛を発症していて、群発期にアルコールを摂取すると確実に痛みが起こります。そのため、群発頭痛を改善したいのなら自分の生活習慣を見直す必要があります。

群発頭痛の治療で病院を受診する際、最適な診療科がわからずに内科を受診する人がほとんどですが、内科を受診しても普通の頭痛薬を渡されて様子を見るという対処を取るので、あまり症状は改善されません。基本的にひどい頭痛を治療する場合は神経内科や脳神経外科を受診します。最近では頭痛外来を設けている病院もあるので、受診の際はホームページなどで診療科目を確認しておきましょう。また、かかりつけ医がいるのなら医師に相談して信頼できる病院を紹介してもらってもよいです。ネットでも検索できますが、紹介されてる病院数が多くて最初のうちは病院選びに戸惑うはずです。医師からの紹介ならすぐに腕のある医師が見つかりますし、初診料も安くなるので一石二鳥です。群発頭痛の治療を病院で受けるときは、ただ単に薬を受け取るだけではなくきちんと診察を受けて、自分の症状について医師に正確に伝えましょう。症状が現れ始めた時期や頭痛が起こる頻度、痛みの強さなどを伝えると症状に合わせて効果のある薬を処方してくれます。また、処方された薬を服用するときは、アルコールを飲まないようにして、入浴もシャワーだけで終わらせるようにしましょう。さらに、血管拡張剤を飲んでいる場合は医師と相談しながら治療をしましょう。