ウーマン

群発頭痛の症状を知る|迅速な治療が肝心です

病院を選ぶポイント

笑顔の女性

仕事の付き合いなどで飲酒をする機会があります。適度にお酒を楽しむなら問題はありませんが、飲み過ぎると様々な病気を併発します。生活習慣病やアルコール中毒、動脈硬化など生活に支障をきたす病気の要因となるので、飲酒は適度にするべきです。また、アルコールは群発頭痛を誘発する原因にもなります。アルコールを飲み過ぎた後は二日酔いなどで頭痛が起こりますが、群発頭痛は二日酔いとは比べ物にならない程強い痛みを発症するので、必要な時以外はなるべくお酒を飲まないようにしましょう。実は群発頭痛ではアルコールが引き金となり、お酒を飲んでから1時間以内に必ず発作が現れると言われていて、飲酒の習慣が根付いている人でも群発期にはアルコールの摂取を避けています。さらに、血管の拡張が主な要因と考えられている群発頭痛は、気圧の変化が起こる飛行機内や登山をしたときにも症状が現れるので、群発頭痛の患者は医師と相談しながら日頃の生活を見直す必要があります。また、群発頭痛は目の奥で激しい痛みが起こるので、自律神経が刺激されて涙が出たり、鼻詰まりや鼻水などの症状が現れたり、時には歯の痛みを感じる場合もあります。場合によっては痛みのあまり自分を傷つけてしまいますが、酸素ボンベを使って吸入をすると高い確率で症状が緩和されるので、1人で病気を抱え込まずに専門機関での治療を始めましょう。現在は、頭痛の治療に特化した頭痛外来もあるので、自分にあった病院を見つけてしっかりと病気を診断してもらいましょう。

頭痛外来を探すとき、ホームページや病院の情報サイトを使いますが、良い病院を見分けるにはコツがあります。まず、問診やカウンセリングにかける時間を確認してみましょう。群発頭痛は診断が難しい病気と言われていて、正しい情報を医師に伝えないと誤った診断結果が下されます。また、問診結果によって頭部の検査をして脳の状態を詳しく確認する必要があるので、問診時間が長いとその分下される対処方法も正確になります。中には問診に時間をかけず薬だけ処方する病院もあるので気をつけましょう。また、群発頭痛を調べるためにCT検査や脳波検査だけではなく触診をしてくれる病院なら信頼できます。患者の体に直接触ることでしかわからない情報もある上に、触診をすると他の病気にも気付きやすくなるので、十代な病気を未然に防ぐことができます。他にも患者の立場に立って診断をしてくれるかどうかもポイントです。群発頭痛は症例数も少なく世間的な認知もないので周りからの理解を得ることが難しいです。そのため、医師の中には患者の気持ちを考えずに病気をストレスのせいにしたり、患者を見下したような態度をする人もいるので、対応が悪い病院に行くのは止めておきましょう。また、患者の気持ちを考えて丁寧に診察をする医師には要望を伝えやすいので、一緒に相談しながら群発頭痛改善に向けて治療ができるでしょう。