我慢できない酷い痛み群発頭痛を治療する方法

群発頭痛の症状を知る|迅速な治療が肝心です

病院を受診しよう

悩む女の人

働き盛りの男性に多い群発頭痛は頭部の血管が拡張することで発症すると言われています。病院で治療をするときは医師に紹介状を書いてもらうと病院選びの手間が省けます。また、処方された薬を服用するときは飲み方に気をつけましょう。

詳しくはコチラ

専門外来の役割

レディー

頭痛を発症する人が増えたことで、頭痛専門外来が多くなっています。頭痛外来ではCT検査や脳波検査を行なうので、群発頭痛の診断も他の病院に比べて正確にできます。受診の際は検査や治療薬に関する費用を確認しましょう。

詳しくはコチラ

症例数の少ない病気

カウンセリング

辛い症状が定期的に続く群発頭痛は、市販の頭痛薬ではほとんど改善しません。医療機関からレンタルできる医療用の酸素ボンベで吸入をすると高い確率で症状が和らぎます。さらに、生活習慣の見直しをすると効果倍増です。

詳しくはコチラ

病院を選ぶポイント

笑顔の女性

群発頭痛を治すために頭痛外来に行く場合、病院選びは慎重に行いましょう。問診に時間をかけて患者の話を親身に聞いてくれたり、触診をしながら体の状態を調べてくれる医師は信用できます。

詳しくはコチラ

正しい情報を伝える

ドクター

頭痛外来で群発頭痛を治す時、事前に受診の流れを把握しておくと問診がスムーズに進みます。さらに、専用ツールを使って病気の症状や薬の服用履歴を記入すると正しい情報を伝えることができます。

詳しくはコチラ

激しい痛みを感じる病気

ハートを持つ看護師

パソコンやスマホを見る機会が多い現代人は、慢性的な頭痛に悩まされている人がたくさんいます。頭痛が起こると思考力や集中力が低下して、仕事をする上でもベストなパフォーマンスができなくなります。また、女性に多い症状として偏頭痛や天気が悪いときに起こる頭痛などがありますが、頭痛薬を飲むことで一時的に痛みを和らげることができます。頭痛の痛みは人それぞれですが、群発頭痛は特に痛みが強いと言われていて、あまりの痛みに自ら命を絶ってしまいたくなる程強烈な痛みが起こります。さらに、群発頭痛の症状は一定期間で集中的に起こるので体だけではなく精神的にも大きなダメージを与えます。通常、頭痛の症状は側頭部や後頭部にズキズキとした痛みを感じたり、鈍い痛みを感じる程度ですが、群発頭痛の場合は目をアイスピックなどで突き刺しているような激しい痛みを感じ、毎日同じ時間に症状が現れる場合がほとんどです。また、症状が集中的に現れる群発期は大体一ヶ月から二ヶ月程度続きますが、ある程度時間が経つと再び痛みが現れます。偏頭痛のように頭の片方にだけ痛みが出る群発頭痛は、目の奥に感じる激痛によって睡眠を取ることもままならず、睡眠不足を引き起こすのでうつ病などの精神疾患を発症するリスクも高くなります。この病気は主に三十代の男性に発症すると言われていて、万が一発症した場合は仕事に支障がでる可能性もあるので、社会的な立場にも悪影響を及ぼしてしまいます。群発頭痛は認知度が低いので、あまりの痛みに不安や恐怖を感じてしまいますが、眼の奥に激痛を感じたら病院を受診して的確な治療をしてもらいましょう。

病院が行なう治療方法は薬物療法と酸素吸入法です。群発頭痛は普通の頭痛と違って発作的で痛みも強いので、即効性のない鎮痛剤はあまり処方されません。発作が起こった時に注射を使って薬を直接打ち込む方法が主流となっていて、最近では自分で注射できるようになっています。ペンのような形をした注射を太ももに押し当て、そこから薬を注入していきますが、保険の適用が認められている注射や適用外の点鼻薬なども処方されます。また、酸素吸入法は、医療用の酸素ボンベを使って酸素を吸い込み、五分ほどの吸入時間で症状が緩和されます。酸素ボンベと専用のマスクは病院からレンタルできます。基本的に群発頭痛は深夜から明け方にかけて症状が現れるので、病院を受診するとセルフケアを指導される場合があります。多くの患者は予防のために就寝前に薬を飲む傾向にありますが、まずは頭痛の原因となるアルコールやタバコを控えたりすることで症状が現れないように予防できます。また、気圧の変化や血管が広がることで頭痛が出る可能性もあるので、飛行機に乗るときは担当と相談する必要があります。最近は睡眠中の痛みを予防するための薬も多く登場しているので、医師と相談しながら処方する薬を選んでいきましょう。